活動内容

私たちは、生活に困窮している人びと、就労継続に困難を抱えている人びと、そして日々の暮らしに何らかの支えが必要となる人びとに対して、支援活動を行っています。安定した地域生活を営むことができ、安心して生きることができるように、寄り添い、つなげていく地域生活支援、社会参加訓練、就労支援などに取り組んでいます。

地域生活支援に関する事業

日常生活支援住居施設(生活保護法)の認定を受けた無料・低額宿泊所(社会福祉法)の運営を中核とした地域生活支援に取り組んでいます。

 

「地域生活支援」とは、当会独自の支援枠組みであり、自立支援の観点から、施設からひとり暮らし後までの統合的な支援をおこなうこととしています。現在、葛飾区及び墨田区において展開しています。

 

たんなる施設運営にとどまらず、ひとりで生活できるようになることを目標とした生活支援・生活訓練を行い、社会参加訓練や就労支援などへの参加を通して人や社会とのつながりを感じ、ひとり暮らし「後」の生活までを支援範囲としています。

就労支援に関する事業

施設利用者、ひとり暮らしをはじめた元施設利用者、近隣の社会福祉サービス利用者に対して、「仕事出し」を行っています。仕事を介した社会参加をとおして、自己肯定感や有用感を感じてもらうことが目的です。

 

取り組みにあたっては、参加する人の特徴・特性をふまえて仕事を調整します。「人を仕事にあわせる」まえに「仕事を人にあわせる」ことで、無理なく働き続けられる環境づくりに取り組んでいます。

令和5年からは、職員と参加者がとりくめる範囲で、修善活動を行っています。

新しい社会福祉を構築するための調査研究

わたしたちは、いま困っている一人ひとりが抱える課題について見極め、解決方法を提案し、適切な社会資源へとつなげられるようになることを目的として、最新の知見や支援技法について調査研究をおこなっています。主に、高齢者の抱える諸課題、社会からの孤立化、ひきこもり状態、ギャンブル嗜癖、アルコール依存等に対する理解のしかたと支援方法などについて調査研究を継続しています。

 

以上のような調査研究や支援実績から新たな支援技法を開発し、新しい社会福祉のありかたについて実験的に実践しています。

令和6年度からは、実際の支援について、試行錯誤の様子を中心に情報を発信していきます。

社会福祉を担う人材育成に関する事業

わたしたちの現場や知見に興味のある方々を対象として、人材育成に取り組んでいます。

令和5年度からは、おもに社会福祉士養成専門学校や社会福祉学部の実習生受け入れを行っています。

国際協力に関する事業

日本から諸外国での支援へ向け、アジア・アフリカなどでの事業展開を現在調査中です。